■全体像



 ■統一化された開発プロセス−工程管理要領

ソフトウエア開発プロジェクトにおいて、各開発工程での作業・作成すべき成果物・終了条件を明確化します。
これにより、開発者はいつどのタイミングで、何を作るが理解でき、作業の抜けを防ぐとともに、各開発者が同じ手法で開発を進めることが可能になります。
また、プロジェクト管理者は統一化された基準で作業管理を行うことが可能になります。
工程管理要領 (クリックすると拡大します)

・要件定義
・基本設計
・基本設計(基盤)
・詳細設計
・プログラム開発
・結合テスト
・総合テスト
・移行


 ■工程終了時のチェック − レビューチェックリスト

レビューチェックリスト (クリックすると拡大します)
上記工程管理要領で定義した各工程の終了時にこのレビューチェックリストを使用し、開発者とプロジェクト管理者および品質管理部門でレビュー会を開催します。
このレビュー会で承認を経て初めて次の工程に進めるようにし、各工程で想定されるリスクを最大限に軽減させます。
また、統一化されたチェックリストを使用することにより、プロジェクトごとまたは開発者個人ごとの品質のばらつきを抑えることが可能になります。


 ■品質の評価 − 品質管理ガイドライン(指標)

JBC開発標準では、ソフトウエアの品質を評価するために様々な指標を用意しています。
お客様への品質報告で自信を持ってご報告できるように、各指標と比較しプロジェクトの実績を評価します。
また、お客様に視覚的に品質を評価していただけるように、グラフ等で品質分析を表現するフォーマットも用意しています。
障害発生理由分析グラフ (クリックすると拡大します)

(品質指標の例)
・設計書ページ当たりのレビュー指摘数
・プログラムKStep当たりのテストケース数
・プログラムKStep当たりの障害検出数
・障害発生理由分析グラフ
・障害収束曲線


 ■管理体制の強化 − プロジェクト管理ガイドライン

進捗管理ガイドライン (クリックすると拡大します)
プロジェクト計画書をベースにプロジェクト管理の指標をガイドラインにまとめ、統一的な作業管理を行っています。
また、プロジェクトリーダー/プロジェクトマネージャー候補者に対し、上級研修としてプロジェクト管理の基礎から応用までの教育を実施しています。
※2009/12現在、PMBOK準拠に向け改訂中

(ガイドラインの例)
・進捗管理ガイドライン
・変更・障害管理ガイドライン
・品質管理ガイドライン
・構成管理ガイドライン
・テスト管理ガイドライン


 ■ドキュメントの品質 − 各種サンプルフォーマット

工程管理要領で定義している成果物については、サンプルフォーマットを用意しています。統一化されたフォーマットを使用することにより、プロジェクトごとまたは開発者個人ごとに記述レベルの違いを抑えることが可能になります。
また、経験の浅い開発者にもサンプルを提供できることにより品質の向上および作業の効率化を期待できます。
画面仕様書 (クリックすると拡大します)